スポンサーリンク

SIMフリー化という最高の投資方法&節約術


238Hs


当方,今年3月にauからUQMobileへ通信会社を変更してから,これまで8000円前後かかっていたスマホのデータ通信費が4000円前後に収まるようになりました。

しかもこの4000円は通話した時間が他の月より多いことで発生したもので,その気になれば2000円前後でデータ通信費を抑える自信があります。

なんでみんなsimフリー化しないのでしょうね。不思議に思います。

投資観点でも事務手数料を払えば年間で100%以上の利益を上げられるものなので,一般的にお金持ちになるのに大切な金、人、物、情報、時間
という観点で分析してみました。


お金の面

やはりお金の面でのメリットが大きいでしょう。

私の場合月々4000円のプラスなので,1年で換算すると4,000円×12カ月=48,000円!!

軽い小旅行ができちゃいますね。

月々48,000円も浮かせられるのであれば,やるしかないですね。


人の面


これは難しいのですが,simフリー化したスマホを持っている方は3割もいません。

つまり,simフリー化するだけで3割の仲間入りです。

まだまだニッチな方なので,同じsimフリー化したもの同士親近感がわくことになるでしょう。


物の面


ずばり2年間キャリアで使った端末を流用できることにあります。

意外と勘違いされている方が多いのですが,simフリー端末は別に買わなくても問題はありません。

例えば私はiPhone6を使っていましたが,auからUQmobileに変更した際にUQMobileから届いたsimをiPhoneへ簡単に装着できました。

キャリアの場合,2年間使って別の端末を購入すると端末代金も請求代金に上乗せされますが,simフリー化した場合,端末を3年でも4年でも使い倒すことができ,環境にもお財布にも優しい仕組みとなっております。

情報の面

これは通信速度という意味で捉えましょうか。

キャリアの時と変わりません。

例えばUQMobileの場合はauの回線を使っているため,auのスマホを使っているときと同じ感覚です。

地下鉄でも問題なくインターネット通信ができるため,デメリットはないと言えます。

時間の面

上記の物の面とおり,端末を3年でも4念でも使い倒すことができるため,2年ごとに町中の携帯ショップに足を運ぶ必要はなくなります。

また,LINE等の切り替え作業も必要なくなり,実は時間の面でも得します。

すごくお得ですよね。

キャリアからsimフリー用の通信会社へ契約を変更する場合に事務手数料や契約違約金を払う必要があるものの,その金額を20,000円(実際はこんなにかかりません)と見積もったとしても,42000円/20000円*100=210%!!2年間では84000円/20000円*100=420%の投資効率があると言えます。

最後になりますが、simフリー化できる端末がない場合はASUS社のZenFone3を勧めます。

型落ちの端末を狙えば20,000円以下で購入できる場合もあります。

それでは機会があれば,もっとディープな内容を書きますね!
↓クリックいただければもっと面白い記事を書くよう頑張ります!
ブログランキング・にほんブログ村へ

あなたの資産形成が上手くいくよう心よりお祈りいたします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
■■■■■■■□□□□□□□
■オプション取引とIPO取引するなら → SBI証券
■仮想通貨取引をするなら → Poloniex/bitFlyer/CoinCheck
■通信費を安くする投資先→mineo/リブモ
■■■■■■■□□□□□□□

スポンサーリンク