スポンサーリンク

仮想通貨始めるなら

11月 23, 2017

LISK,イーサリアム,投機
皆さんは仮想通貨に投資してますか?
私は投機の側面があることから、総資産のごく一部しか投資してません。
ビットコインが50,000円も価格が増減したり、友達がMLM系の仮想通貨に手を出したり正直ついていけません。
しかし、今後は仮想通貨を知らないことには一流の投資家にはならないことから、オススメの取引所と投資先を紹介したいと思います。
※2017年11月23日にリライトしております。

おススメの仮想通貨取引所

2016年であればcoincheckさんでした。
今でもcoincheckさんはスマホアプリの機能で具備されている仮想通貨チャートが高評価を受けております。
ビットコイン黎明期から取引をしている人にとっては手数料が高いという評価を受けているものの、現段階では他の取引所と疎遠が無い程度の手数料では無いかと思っております。
では、2017年はどの取引所が良いのかと言いますとpoloniexさんです。
海外の取引所ではありますが、世界中の仮想通貨を取り扱っています。
もしかしたらある日突然、購入した通貨が倍近い値段になっているかもしれない、英語にさえ慣れれば一攫千金を狙えると思います。

おススメの仮想通貨

 ずばりイーサリアム(Ethereum)です。
この通貨は2013年から構想されたビットコインの対抗馬に位置付けられている通貨でして、仮想通貨の時価総額2位となっております。
特に今年は未公開株の様に新しく誕生する仮想通貨について,イーサリアムから安い価格で購入できるICOが頻発している状況です。
つまり、イーサリアムの親戚の新しい仮想通貨が誕生して値上がりすれば、イーサリアムの価値もあがるということです。

でもこの仮想通貨もおススメ

投資のことを学んでいく中で,取引差額より利益を得るキャピタルゲインより配当金で利益を得るインカムゲインの方が重要ではないかという考えに至りました。
仮想通貨の場合,保有額に応じて通貨量を増やすことができるコインが該当します。
その場合,何が良いのか検討した結果・・・LISKを勧めたいと思います。
LISKはDPoS(Delegated Proof pf Stake)の仕組みをとっております。
DPoSとは,コインをステーキング(鋳造・・・マイニングと同意義と思っていてください。)する方を委任することができ,委任した方からコインを受領することができる仕組みです。
つまり,LISKを保有してステーキングを効率よくできる方に委任すればコインを増やすことができるのです。
株価をもって配当金を受領するイメージと似ているため,LISKは株式へ投資している投資家と相性が良いのではないかと考えております。

まとめ

仮想通貨は怖いけど面白い。
やるなら余剰資金で行うことをお勧めします。

↓クリックいただければもっと面白い記事を書くよう頑張ります!
ブログランキング・にほんブログ村へ

あなたの資産形成が上手くいくよう心よりお祈りいたします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
■■■■■■■□□□□□□□
■オプション取引とIPO取引するなら → SBI証券
■仮想通貨取引をするなら → Poloniex/bitFlyer/CoinCheck
■通信費を安くする投資先→mineo/リブモ
■■■■■■■□□□□□□□

スポンサーリンク