スポンサーリンク

祝!!GPIFの運用成功!!

86%

2016年度のGPIFの収益率が黒字となっているとのことが発表されました。

世界最大のの年金基金、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の2016年度の運用収益は2年ぶりに黒字に転換し、年度末の運用資産は過去最高を更新した。

ロイター通信-より


GPIFについておさらい

GPIFとは年金積立金管理運用独立行政法人,いわずと知れた私たちの年金を運用している独立法人のことです。
運用する資産額は145兆円前後の規模であり,世界最大です。
ちなみに他国の年金を運用規模ですが,アメリカ(CalPERS:カリフォルニア州職員退職年金基金)が35兆円,カナダ(CPPIB:カナダ年金制度投資委員会)が25兆円,ノルウェー(GPF-G:ノルウェー政府年金基金-グローバル)が102兆円となっております。
日本はアメリカとカナダを合わせた金額の2倍のお金を年金として運用しているのですね。

(参考:GPIF公式HP

GPIFの運用比率

以下の比率で運用をしております。

国内債券:35%
日本株式:35%
外国債券:15%
外国株式:25%

意外なことに株式を50%保有しております。

公的な機関なので安全な債券重視かと思いきや,攻めるところは攻めています。

また,日本に対する期待があまりないのか,海外の債券・株式を40%も持っているところも見どころです。

ちなみに他国については,債券の保有比率が40%未満であるところが大半みたいです。

GPIFについて批判はあれど

GPIFが赤字計上した時に民進党が批判の声を上げましたが,GPIFが保有する株式は値動きに左右されるので一時的な損失はでてしまうものです。

日本株を35%も持っているのだから,日経平均次第で運用益も変わってくるのでGPIFにとってしたらどうしようもない話ですよね。

損をしないためならすべて債券を保有すればよいですが,長期利付国債10年ものが年利0.05%で果たして運用の意味を成しているのか,海外の債券を持つにせよ,その国が債券の換金に応じなかったらどうするのか…私としては一時的に損失はあっても株式を保有して利益が出たタイミングで利確することが大切ではないかと思います。

何はともあれ,今回GPIFが報われてよかったです。

あっぱれ!!

↓クリックいただければもっと面白い記事を書くよう頑張ります!


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

あなたの資産形成が上手くいくよう心よりお祈りいたします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
■■■■■■■□□□□□□□
■オプション取引とIPO取引するなら → SBI証券
■仮想通貨取引をするなら → Poloniex/bitFlyer/CoinCheck
■通信費を安くする投資先→mineo/リブモ
■■■■■■■□□□□□□□

スポンサーリンク