スポンサーリンク

積立投資はNISAでやるべし

少額投資非課税制度

投資とくれば最近はNISAがブームですが、実際のところNISAってどうなんだろうって思っている方多いのではないでしょうか?

私個人としては積立やるならNISAでやった方が良いと思います。


NISAのおさらい

年間120万円までの株式や投資信託などの投資において、売却益や配当益が5年間非課税になる口座です。
英国のISA(Individual Savings Account=個人貯蓄口座 )の日本版として2014年に誕生し、2018年からは年間40万円の投資額について非課税期間が20年となる積立NISAも始まります。
なぜ積立に適するのか?
上記で記載した通り,配当益が非課税となるため税金として納める金額を複利運用できるところにあります。
2018年から始まる積み立てNISAは20年間も非課税期間となるため,20年間も課税率20%分の再投資可能であり,利率としては普通に積み立てるより年利1%前後のお得感があるのではないでしょうか。
なお,非毎月分配型、信託期間が無期限または20年以上であること等の厳しい条件があり,積み立てNISAができる銘柄=良い銘柄と言えます。

デメリットへの対応方法
Q.損益通算ができないと聞いたが
A.確かに損益通算はできませんが,既存的に積み立てをしている銘柄を短期間で売却することはないため,そこまで深刻な欠点にはならないと思います。

Q.値下がりがでた状態で総合口座へ移動させて,債券価格が元に戻ったら税金がかかると聞いたが
A.これも正解です。債券価格が購入時の価格に戻ったとしても総合口座で元に戻ったら税金がかかります。
例)10000円の債券を1口NISA口座で購入し,8000円に下がった状態で総合口座に移管して10000円になったら値上がり2000円分に対して税金がかかる。
これに対しては「毎年値上がり続けている銘柄」を積み立てることにすればよいでしょう。

私の使い方
ひふみプラスとニッセイの海外株式インデックスとTOPIXインデックスをNISA口座で積み立てています。
ひふみプラスはモンスターファンドであるため,ほぼ毎年利益がでると見込んだため。
他の二つはインデックスファンドで,株価が上がりつつけるという過去からの法則に従いNISAの方がお得であると見込んだため。
来年からの積み立てNISAでもこの3銘柄を引き続き積み立てていきたいと考えております。

↓クリックいただければもっと面白い記事を書くよう頑張ります!
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

あなたの資産形成が上手くいくよう心よりお祈りいたします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
■■■■■■■□□□□□□□
■オプション取引とIPO取引するなら → SBI証券
■仮想通貨取引をするなら → Poloniex/bitFlyer/CoinCheck
■通信費を安くする投資先→mineo/リブモ
■■■■■■■□□□□□□□

スポンサーリンク