スポンサーリンク

仮想通貨交換業者による今後の動き

10月 11, 2017

身近な投資

平成29年9月29日付で仮想通貨(暗号通貨)について,金融庁・財務局に登録された業者が発表されました。
税制などで仮想通貨の扱いが注目されている平成29年ですが,業者の発表により今度どのような動きがあるのか考えていきたいと思います。

業者一覧

今回は以下の11業者が登録を受けました。

株式会社マネーパートナーズ
QUOINE株式会社
株式会社bitFlyer
ビットバンク株式会社
SBIバーチャル・カレンーズ株式会社
GMOコイン株式会社
ビットトレード株式会社
BTCボックス株式会社
株式会社ビットポイントジャパン
株式会社フィスコ仮想通貨取引所
テックビューロ株式会社

SBIやGMO等のアーリーアダプターとなる企業が登録されているという印象ですね。
注目は国内最大手となるbitFlyerが登録されていることです。
取引量を鑑みるに,金融庁も無視できなかったのでしょう。
しかし,今回はbitFlyerと同じくらいの知名度を持つあの会社が登録されておりません。

あの会社が登録されていない

そう,CoinCheck社が登録されていません。
スマホアプリ等で評判が良かったものの,何かが原因で登録が見送られた模様です。
イーサリアム等のチャートがとても見やすいと好きだったのですが・・・登録されなかった理由がきになります。

台風の目となるか

CoinCheck社を含む残り17業者が引き続き審査中の状態です。
第2弾で登録された場合,CoinCheck社は大々的なキャンペーンを行う可能性が高いです。

逆に今回申請された業者については,FX等の取引について盛んにキャンペーンを行う可能性が高いとも言えます。
キャンペーンをやるからあれこれIDを登録することなく,本当に必要な取引所で取引することが大切ではないかと考えております。
なお,私としては初心者の方はCoinCheck社かBitFlyerのどちらかに登録しておけば問題はないかと考えております。

 

あなたの資産形成が上手くいくよう心よりお祈りいたします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
■■■■■■■□□□□□□□
■オプション取引とIPO取引するなら → SBI証券
■仮想通貨取引をするなら → Poloniex/bitFlyer/CoinCheck
■通信費を安くする投資先→mineo/リブモ
■■■■■■■□□□□□□□

スポンサーリンク