スポンサーリンク

現役サラリーマンにとって現行NISAとつみたてNISAとどっちが良いの?

身近な投資

金融業界で今一番熱い話題は積み立てNISAです。年額40万円が20年間税制優遇される制度です。

ついこの前まで,私は来年は積み立てNISAにしようと考えてましたが・・・考察してみました。

現行NISA vs つみたてNISA

両制度ともに日本在住で口座開設する1月1日時点で満20歳以上の方が対象で,上場株式,投資信託の運用益が非課税となる制度ですが,以下の違いがございます。

現行NISA つみたてNISA
非課税投資枠(年間) 120万円 40万円
非課税期間 最長5円環 最長20年間
合計非課税投資枠 600万円 800万円
口座開設期間 2023年まで 2037年まで

合計の非課税投資枠を見たら積み立てNISAの方がお得じゃないか!!と思って,来年に向けて積み立てNISAの申し込みをしたのですが・・・。

今後現行NISAには意外なメリットが

この前,投資家たちの飲み会でご一緒させていただいた安房さんが以下の記事を書かれているのを拝見しました。

本当によくまとめられていて関心いたします。

そんな感想はひとおき,租税特別措置法により現行NISAとつみたてNISAには以下の差異があることも判明いたしました。

現行NISA つみたてNISA
規定文書 第2号「非課税上場株式等管理契約」

第3号「非課税管理勘定」

第4号「非課税累積投資契約」

第5号「累積投資勘定」

機能 他年度から「非課税管理勘定(=現行NISA)」からの移管も受け入れ可能 他年度からの移管受け入れができる規定はない。(可も不可も不明?)

つまり,現行NISAはロールオーバーと呼ばれる,5年で終わった120万円の投資金額をまた5年間も非課税で再投資できるという機能があるということです。

例えば,2017年に現行NISAの非課税投資枠で投じた120万円が,5年後の2022年の現行NISAの非課税投資枠で再投資可能ということです。2017年→2022年→2027年とリレーしていけば,手元の120万円(5年分だと600万円)で生じた利益に税金をかけなくても良いということになります。

結論

現在,毎月3万円ずつ積み立てておりつみたてNISAと相性が良いと思っておりましたが,以下3点を考慮すると現行NISAの方がむしろ良いのではないかと考えました。

  • ボーナスで入ってくる数十万円のお金の運用
  • 積み立てた金額を病気や子育てで引き出すリスク
  • 会社退職後の資産運用

「つみたてNISA」という響きに惹かれる方もおられると思いますが,私が考慮する上記3点はサラリーマンであったらいつでもつきまとう内容ですので,身近なFPさんに相談するなりして現行NISAと選択するのが良いのではないでしょうか。

人生に絶対はない!以上です。

 

あなたの資産形成が上手くいくよう心よりお祈りいたします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
■■■■■■■□□□□□□□
■オプション取引とIPO取引するなら → SBI証券
■仮想通貨取引をするなら → Poloniex/bitFlyer/CoinCheck
■通信費を安くする投資先→mineo/リブモ
■■■■■■■□□□□□□□

スポンサーリンク