スポンサーリンク

【コラム】ETFのメリット・デメリットを整理してみました。

積立投資について勉強し始めると,投資信託の1つとしてETF(Exchange Traded Fund)のことを学ぶことになります。

投資といったら株式だけじゃないの?と思う人もいるかもしれませんが,投資対象には債券・不動産・コモディティ等多種多様な商品があります。そして,それらの投資対象を組み合わせた商品としてETFがあります。

今回はそのETFのメリット・デメリットを記事にまとめさせていただきます。

そもそもETFとは

ETFは通常の株式のように証券取引所に上場している投資信託です。

一定の条件に則った銘柄群から構成されており,例えば「日経225連動型上場投資信託」というETFは日経平均株価の株価指数を構成する225社に一括で投資できる商品のことです。

メリット

値動きが明示的

上記の日経225をはじめとして,TOPIXやS&P500といった有名な指数に沿って運用されるので,値動きが分かりやすいです。つまり,日経平均において安値だと判断した場合,日経225連動型ETFを購入することで個々の株式の株価等を調査する手間を省くことができると言えます。

選択肢の多さ

ETFを構成する銘柄群は国(国内,アメリカ,先進国,新興国etc),種別(株式,債券,コモディティ,不動産etc),業種(IT,エネルギー,金融etc)と幅広く,例えばエネルギー関係の会社の株が伸びると考えれば,「太陽光発電を事業とする企業の株式からなるETF」「風力発電を事業とする企業の株式からなるETF」等をピンポイントで購入できます。

ポートフォリオの変更の容易さ

ETFは個別株式の様に取引所で売買可能であり,また「日経225連動ETF」「S&P500連動ETF」というリスクヘッジを考慮したポートフォリオを組むことができます。

コストの低さ

一般的な投資信託の信託報酬は,運用会社,資産管理会社,販売会社の取り分となっています。しかし,ETFの信託報酬は上記の会社のうち販売会社の取り分がないため,その分の信託報酬を安くできます。

デメリット

為替リスク

海外のETFを購入するためには,その国の紙幣に両替する手順を踏む必要があります。したがって,為替リスクがつくことになり,円安の時に海外ETFを買って,円高の時にそのETFを売ってしまうと為替差損により損失を出すこともありえます。

海外ETFのコスト

国内ETFは問題ありませんが,海外ETFを購入する場合は1取引で最低でも5米ドル(※)ほど販売会社への手数料が発生しています。100万円クラスの取引であればともかく,数万円単位の取引では無視できない手数料金額と言えます。

※SBI証券とマネックス証券が対象

まとめ

為替リスクや購入時の手数料等のデメリットはあるものの,個別株式を調査する手間を省くことが可能であり,少額でリスクヘッジもできるETFという商品性は魅力的ではないでしょうか。

先日のお金のExpo2017において日本人の6%しかETFを知らないという話を聞き,ETFを購入することが投資分野のアーリーアダプターになりえると考えました。

積立NISA等の積み立て対象としてETFを選択することは良いことであると思います。海外の機関投資家もETFへ投資を始めており,これを機に投資を始めてみましょう。

 

あなたの資産形成が上手くいくよう心よりお祈りいたします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
■■■■■■■□□□□□□□
■オプション取引とIPO取引するなら → SBI証券
■仮想通貨取引をするなら → Poloniex/bitFlyer/CoinCheck
■通信費を安くする投資先→mineo/リブモ
■■■■■■■□□□□□□□

スポンサーリンク