スポンサーリンク

【書評】「世界一わかりやすい銀行業界のしくみとながれ(編著者:イノウ氏)」を読ませていただいて

金融業界,感想,ビジネス書投資家の皆様が常に使用している公的な機関は何か尋ねると十人中十人が「銀行」と答えるはずです。銘柄の売買・管理,生活費の預け入れ・引き出し等様々な形で普通のサラリーマンにも密接に関係している銀行ですが,実際にどのように利益を得ているのか分からない方が意外と多いのではないでしょうか。

このたびイノウ氏が編集・著作された「世界一わかりやすい 銀行業界のしくみとながれ」を読まさせていただきましたので,学んだことを記事にさせていただきます。

この本を読もうと思った理由

私の本職はシステムエンジニアであり,金融業界にかかわることが多いです。

金融業界についての知識を整理するために,まずは入門編の本を探していて「世界一わかりやすい 銀行業界のしくみとながれ」に出会うことにありました。

投資家の立場からしてみても,信託銀行のことを学ばなけらばならないと考えており,銀行業界からみた信託銀行の位置づけを勉強して新しい認識を身に着けるため,この書籍を読ませていただきました。

学んだこと

  • 金融業界の経常収益はここ数年横ばいである。
  • 最近,企業向け融資が伸び悩んでおり,その理由は大企業が資金調達手段として社債発行(直接金融)する流れにシフトしているためである。
  • 三大メガバンクができた背景には2000年代に大規模な合併が立て続けに起こったため。合併の内容は以下の通り。
合併によりできたメガバンク 合併内容
みずほ銀行 第一勧銀+富士銀行
中央三井信託 中央信託+三井信託
三井住友銀行 住友銀行+さくら銀行
UFJ HD 三和銀行+東海銀行+東洋信託
三菱東京UFJ銀行 UFJ HD+三菱東京銀行
  • 三大メガバンクの収益モデルは,三菱東京UFJ銀行が「大企業向け融資」「外国為替業務」,三井住友銀行が「中小企業向け融資」「クレジットカード事業」,みずほ銀行が「重厚長大企業向け融資」が中心となっている。
  • リテールバンクとは個人・中小企業向けのリテール業務(預金・信託・ローン等の業務)を主とする銀行のことである。
  • 地銀では特定取引や信託などを中心に業務を行っている。
  • 銀行の打ち上げにおける収益の種類は以下のとおり
収益の種類 内容
資金運用 貸出金利息+有価証券の利息配当金+α
役席取引等収益 貸出金利息+証券業務手数料+為替業務手数料+α
特定取引収益 有価証券の市場デリバティブ取引からの収益-費用+α
その他業務収益 国債の売却益+外貨売買の損益+α
信託報酬 各種信託の運用報酬+管理・保管報酬+代行業務報酬+α
  • 銀行ローンは基本的に信用保証会社が連帯保証する形で実行され,債務不履行時には保証会社が債務者に代わって一括で債権者に対して残債務を精算する。
  • 信託銀行では,富裕層や中小企業オーナー向け業務として信託業務と併営業務を提供している。
  • 信託業務とは,顧客の金銭や土地,有価総研を預かって顧客の代わりに運用・管理すること。
  • 併営業務とは,不動産関連業務(鑑定,売買仲介),証券代行業務(株主名簿管理),相続関連業務(遺言執行,遺産整理)等の信託業務の提供にあたって利便性を高めるサービスである。
  • 銀行が行う融資には,銀行と信用保証協会が債務リスクを共同で負う信用保証付融資とすべての債務リスクを銀行が負うプロパー融資の2種類が存在する。
  • 海外には銀行間決済システムがないため,通常,海外の銀行に預金勘定(コムレス口座)を開設して,その口座で入出金を行うことで決済を実行する。
  • コムレス口座がない銀行とはコムレス銀行(日本:三菱東京UFJ銀行,アメリカ:ニューヨーク銀行 等)を介して取引する。
  • ALMとは金融機関の経営分析手法であり,金利・株価等の変動による資産・負債の動向を監視して分析すること。

まとめ

本の内容としては,金融業界への就職を考えている学生に向けた内容となっており,浅く広く各分野を取り扱っている印象を受けました。しかしながら,一つ一つの分野のコアとなる部分はきちんと押さえられており,とても勉強になりました。

バーゼルⅢに関する内容も取り扱っており,難解ではないかと先入観を持たれる内容でもすんなり入り込める点が評価ポイントです。BIS規制等はイマイチ理解しにくい内容であるので,この「世界一わかりやすい 銀行業界のしくみとながれ」さえあれば問題なく知識を習得できると思います。

金融業界に入りたての1,2年目の職員さんがデスクに置いておくべき1冊であると思います。もちろん投資家さんにとっても有益な1冊であり,今後の銀行づきあいをしていくなかで銀行側のバックボーンを抑えられる内容となっております。

ちなみに編著者のイノウ氏は以下の書籍も執筆されておりますので,お時間あれば読んでみてください。

あなたの資産形成が上手くいくよう心よりお祈りいたします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
■■■■■■■□□□□□□□
■オプション取引とIPO取引するなら → SBI証券
■仮想通貨取引をするなら → Poloniex/bitFlyer/CoinCheck
■通信費を安くする投資先→mineo/リブモ
■■■■■■■□□□□□□□

スポンサーリンク