スポンサーリンク

【コラム】【仮想通貨】ビットコインの価格が200万円を超えたことに何を思うのか

身近な投資,チューリップバブル

ビットコインの価格が100万円を超えたかと思いきや,数日で200万円を超えました。100万円が壁となっていたようで,一気に加速したようです。

ビットコインは仮想通貨で一番有名な通貨でありますが,実際の取引においては送金に数十分ほど時間を要するようになり,通貨としての価値を否定する方もいます。そんな中でこの値上がりはなぜ起こったのか考察していきたいと思います。

ビットコイン長者はビットコインを通貨として見ていない

2016年12月のビットコインの価格はおよそ5万円でした。約一年後に40倍にもなっているため,当時100万円分のビットコインを購入した方は4000万円の利益を生んだことになります。

無論その利益はビットコインを決済などで使わなかった場合です。ビッグカメラ等の買い物でビットコインを使ってしまったら減ってしまうわけですので,賢い方は買い物は現金でおこなっております。

つまり,ビットコイン長者(今風にいえば億り人)はビットコインを通貨としてみておらず,資産運用をするための道具としてしか見ていないことを指しています。

ビットコイン≒投資信託という考え方

金融に関連するものであるが貨幣ではないもの。ビットコインの現在の特性に似合うものを考えていましたら,投資信託に似ているのではないかと考えました。

そのままでは使用できないけど価値があり,譲渡税や相続税が発生する。円やドルで売買することができ,保有しているだけで自身の資産を増減させることができる。札束の様に実態があるものではなく,銀行や取引所等でヴァーチャルな形式で保有しているとみなされるもの。

上記の性質は投資信託の性質とも言えますし,ビットコインの性質とも言えます。どちらも価値はあるがそのままでは使えない・・・金融が産んだ新しい価値ですね。

まとめ

ビットコインをはじめとした仮想通貨への投資は投機ではないかと疑問を投げかける方がいます。私もその考えに同調します。通貨としての価値に疑問を投げかけられていることから,例えばインドでは中央銀行であるインド準備銀行が利用者や投資家に対して,インドのどの企業に対してもビットコインをはじめとする仮想通貨を扱う許可などは出していない旨を注意喚起を発令しています。

しかしながら,ビットコインの値上がりは年内いっぱい続くとも考えられ,大きく利益を上げられる方も増えてくるのではないでしょうか。

チューリップバブル同様,一過的な値上がりで出口戦略がない投資商品ではありますが,短期的なトレードにおいては,優秀な代物と言えなくはないと思います。長期的な投資については,安定感がある投資信託やETFの方が良いと考えております。

あなたの資産形成が上手くいくよう心よりお祈りいたします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
■■■■■■■□□□□□□□
■オプション取引とIPO取引するなら → SBI証券
■仮想通貨取引をするなら → Poloniex/bitFlyer/CoinCheck
■通信費を安くする投資先→mineo/リブモ
■■■■■■■□□□□□□□

スポンサーリンク