スポンサーリンク

【コラム】80年周期説に則り2025年に日本を爆買いするべし

発想の転換

最近,近代史にハマっておりまして,80年周期で出来事が繰り返すことに注目しています。本当に80年周期説はあると考えており,例えば2020年開催予定の東京オリンピックが,1968年だけではなく80年前の1940年にも開催される計画であったと知って信ぴょう性が高い学説であると認識しております。

これを投資に当てはめるとどうなるのか,コラムとしてまとめました。

2025年はここに投資しなさい!

長期的に見て2025年の80年前の1945年にどん底であった国に投資をすれば,大きなリターンが返ってくることは過去の歴史が証明しています。

1945年にどん底であった国は・・・そう,第二次世界大戦で敗戦の憂いにあった大国。

そう日本です。

毎日の様な空襲で東京は焼け野原になり,土地の価格がとても下落しました。そんな状況に目を付けた海外の資本家たちは東京の土地を買いあさり,高度経済復興期において幹線道路を建設する際に高い値段で国に土地を売却し,私腹を肥やしたと言われています。

80年周期説に当てはめれば2025年前後に日本はどん底状態に陥り,海外の資本家に買いたたかれた上で再び経済成長すると言えます。

80年前の1945年はどん底だった。

とはいえ,いきなり80年周期説なんて言われても信じられないと思います。

そこで,過去1865年からの80年と1945年からの80年を比較してみました。

  • 1865年 戊辰戦争           → 1945年 終戦・ポツダム宣言
  • 1868年 明治維新           → 1948年 極東国際軍事裁判
  • 1875年 元老院開院          → 1955年 自由民主党結成
  • 1885年 初代内閣総理大臣着任     → 1965年 文化大革命
  • 1894年 日清戦争開戦         → 1972年 日中国交正常化
  • 1904年 日露戦争開戦         → 1984年 バブル・地価高騰
  • 1914年 世界大戦開始         → 1994年 バブル崩壊
  • 1922年 シベリア出兵         → 2002年 米国同時多発テロ(2001)
  • 1923年 関東大震災          → 2003年 BSE問題
  • 1929年 世界恐慌           → 2008年 リーマンショック
  • 1937年 日中戦争           → 2017年 トランプ大統領誕生
  • 1938年 国家総動員法成立       → 2018年 スパイ防止法成立?
  • 1940年 東京オリンピック(未開催)  → 2020年 東京オリンピック開催?
  • 1941年 真珠湾攻撃          → 2021年 トランプ大統領任期終了?
  • 1945年 終戦・ポツダム宣言      → 2025年 日本政府解体?

ターニングポイントとなる1904年と1984年に日露戦争とバブル経済が発生しており,そこを境に日本が右肩下がりになっていることが分かります。

大きく目立つイベントとして世界大戦の開始,世界恐慌,東京オリンピック(未開催)がありますが,それぞれバブル崩壊,リーマンショック,東京オリンピック(予定)と紐づけることができます。

2018年以降を80年周期で考えた場合,1938年には国家総動員法が成立されたことを受け,2018年にスパイ防止法が成立するのではないかと予測しております。その後,東京オリンピックが開催され,真珠湾攻撃の80年後の2021年にトランプ大統領の任期が終了して,日本の経済にも影響を与える可能性が高いです。

オリンピック後数年は暴落期であるがその後浮上する。

良くも悪くも日本経済はアメリカ経済に左右されやすい側面を持っており,トランプ大統領の後任の大統領が日本を冷遇する政策をとることで日本経済が落ち込む可能性も大いに考えられます。

真珠湾攻撃を皮切りに泥沼の第二次世界大戦に踏み入れたように,次期アメリカ大統領から反発を食らうことでさらなる不況にさらされるシナリオになった場合,観光立国としての政策を掲げているこれからの日本政府にとって不利に働きます。例えば,国債の債務超過が日本国民の資産額を上回ることで債務超過(場合によっては預金封鎖?)に陥り,政府として財政破たんをして別の組織が立ち上がる・・・極端ですがこのような未来も考えうるわけです。

しかしながら,そのような事態に陥ったとしても悲観することはありません。80年周期説に当てはめれば,2025年以降は大いなる成長期に突入することを意味します。

世界の資産家たちは暴落した株を購入して高値で売りさばいて利益を得ているわけでして,経済規模としてヨーロッパ諸国に引けをとらない日本に関心がないわけがありません。日本がどん底の時に会社・資源・既存のシステム(JR等の優れたノウハウ)に資産を投じて成長を後押しすることは大いに予測できます。

ですから,今後の日本に悲観することなく,来る2025年に向けて蓄えを作ること。そして,2025年に日本へ投資をして経済的に豊かになること。これが今後のあるべき姿なのではないでしょうか。

あなたの資産形成が上手くいくよう心よりお祈りいたします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
■■■■■■■□□□□□□□
■オプション取引とIPO取引するなら → SBI証券
■仮想通貨取引をするなら → Poloniex/bitFlyer/CoinCheck
■通信費を安くする投資先→mineo/リブモ
■■■■■■■□□□□□□□

スポンサーリンク