スポンサーリンク

【仮想通貨】API連携で仮想通貨のポートフォリオ完成!?Coinboardについて

近年,仮想通貨の話題で持ち切りで複数の仮想通貨取引所で口座を開設された方も多いのではないでしょうか。私もその一人で複数の口座で仮想通貨を管理しており,自分が保有する資産が分からなくなる時があります。

今回はそんな悩みを解決できる,APIで連携するだけで複数の口座で保有する仮想通貨のポートフォリオを表示できる”Coinboard“をご紹介いたします。

仮想通貨界のMoneyForward

coinboardの登録完了後に閲覧できる画面は上の図のとおりで,複数口座で保有する仮想通貨を表示してくれます。表示する通貨も自由に設定でき,例えばドル表記のPoloniexで保有している仮想通貨を,Coinboardで日本円表記で確認することができます。

また,各仮想通貨の前日からの増減率も表示してくれるので,日々のトレードをするうえで欠かすことのできないサービスと言えます。

複数の金融機関の情報を表示してくれるサービスとしてMoneyForwardがありますが,Coinboardはその仮想通貨版といえる非常に便利なサービスです。

設定方法解説

まずはアカウントを作成します。

ユーザー名,通知を受けたいメールアドレス,設定するパスワードを入力したら「アカウントを作成」のボタンを押してください。通知を受けたいメールアドレスに登録用のURLが記載されたメールが届きます。

メールのURLをクリックすることで登録を完了できます。あとはログイン画面で登録したメールアドレスとパスワードを入力することで,仮想通貨のポートフォリオが表示される画面に遷移することができます。

仮想通貨を保有している取引所の口座と連携するためには,その取引所からAPIの情報を払い出してもらい,Coinboardの設定画面にて設定します。

メニューバーの「設定」ボタンを押すと,各種設定画面に遷移します。

一番上の「取引所のAPI連携」をクリックすると,連携している取引所の情報が出力されます。

追加したい取引所があれば「新規追加」ボタンを押すことで,登録画面に遷移しますので,その画面で追加したい取引所から払い出されたAPIの情報を入力します。

Coincheckとの連携方法

Coincheckにログイン後,メニューバーの「設定」ボタンをクリックします。

設定画面に遷移しますので,「APIキー」のボタンをクリックします。

APIキーが表示される画面に遷移します。まだ,APIキーを取得していない場合は,「新たにAPIキーを追加する」ボタンをクリックします。

APIキーにより取得したい項目を選択します。Coinboardについては「取引履歴」「残高」「送金履歴」「受取履歴」の情報があれば連携できます。

選択したら,画面下に入力項目にてCoinCheckのログインパスワードのみ入力して「OK」ボタンをクリックします。

するとAPI情報が表示される画面に戻りますので,そこでCoincheckのAPI情報として「アクセスキー」と「シークレットアクセスキー」を取得することができます。

あとはCoinboard側の設定画面にて「取引所」のプルダウンから”Coincheck“を選択して,「APIキー」に上記アクセスキー,「APIシークレット」に上記シークレットアクセスキーを入力して「連携」ボタンをクリックすることで,連携が完了します。

これぞフィンテックの技術

大げさなのかもしれませんが,各仮想通貨取引所の情報を集約できるということはフィンテックの技術を用いたものです。なかなか便利なサービスですので,2018年以降注目のサービスになりえると思います。

あなたの資産形成が上手くいくよう心よりお祈りいたします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
■■■■■■■□□□□□□□
■オプション取引とIPO取引するなら → SBI証券
■仮想通貨取引をするなら → Poloniex/bitFlyer/CoinCheck
■通信費を安くする投資先→mineo/リブモ
■■■■■■■□□□□□□□

スポンサーリンク